Make your own free website on Tripod.com

HOME - Square Dance Top - SD Beginner's Index - Dancer's Index
Chat Room - Guestbook
My Clubs - Dance Diary - CSC & Foot-Works - Tapes - HP links - Cyber Dancer's Club
Music Box - CSC News - Work Diary - Mental Training



=== Chapter IV ===
Now, I'm getting started.
 最後にこのコーラー日記を書いたのは去年の6月だ。それ以来、「やる、やる」と言いつつ、全然何もやってなかった。11月にはJNACCがあり、「そこでデビューするか」なんて冗談も言ったけど、冗談で終わった。今年は“事実”にしてやろうと思って、年頭の誓いでも宣言をしたけど、それでもまだやってなかった。

 時々思い出したようにコール作りはしていた。しかし、日の目を見なかったアドバンスのシートは当分しまわれたままでしょう。今はClub CYNOSで新しくビギナー講習をやっているので、またMSから作らなきゃ、ってことで、最近少し電車の中とかでコールを作っていた。

 それが先週の金曜日、久々にちゃっくがコールを担当した日、前に私をすっぽかした負い目があったのか、私が準備したシートに含まれているコールをすべて講習してくれて、最後に1チップ分時間を残してくれたので、「しょうがないかぁ、やるか」とあまり心構えもないままコールに臨んだ。

 前回、Club CYNOSでコールした時は、シートを見やすいように清書したり、直前の一週間はそれを自分が選んだ曲に合わせてコールする練習までやっていたが、今回はそういう準備はまったくなし。準備したシークエンスもたったの4つだけ。それでもやった。

 去年の後半からあられちゃんが加わったこともあり、コーラーであるあられちゃんを差し置いてコールすることに少しためらいがあった。しかも、今回は外から(チャレメから)お客様が3人も来ていたんで、そういう場面ではちょっと...という気持ちも、その場に行くまではあった。でも、何やらみんなコンピュータに夢中だったので、「まあ、いいか」という軽い気持ちで前に立てた。

 本当に初歩の初歩だったから、音楽なしで、講習っぽくやろうかと思ったけど、ちゃっくがせっかくだからと音楽をかけてくれた。でも、私は音楽を聞いてなかった。だから、後から「ちゃんとビートの頭でコールしなさい」ってちゃっくに言われた。は〜い。次回からは気をつけま〜す。

 とりあえず、これを機に毎回Club CYNOSの例会ではコールをしようと思う。「次回はシンギングを一曲やろう」とその日のうちに心に決め、翌日から練習を始めた。やり始めると毎日、毎晩の世界に入るのが私の性格。電車の中でもぶつぶつ歌っていて、周りの人にはとても異様に見えたことでしょう。

 今日の帰りの電車の中で、しばらくぶつぶつやってたけど、「顰蹙かなぁ」と思って、コール作りの方に切り替えた。10〜15個くらいの限られたコールだけを使ってゲットアウトを考えるのはいい訓練だなぁ、と思った。ワンパターンになるかもしれないけど、最初はそれくらいがちょうどいいという話もあるからね。

 この調子で頑張れば、次回はHashを1チップをシンギングを1チップできるかな。なんとなく、先日何の気負いもなくやってしまったことで、今までの妙な緊張感がなくなった。楽しいと思う気持ちの方が強い。この気持ちを大事にしよう。(99/03/16)


  


あなたの足跡を残そう!
  

ダンサー用インデックスページに戻る




This page is maintained by Noriko Takahashi