Make your own free website on Tripod.com

HOME - Square Dance Top - SD Beginner's Index - Dancer's Index
Chat Room - Guestbook
My Clubs - Dance Diary - CSC & Foot-Works - Tapes - HP links - Cyber Dancer's Club
Music Box - CSC News - Work Diary - Mental Training



=== Chapter V ===
Don't get nervous.
 活動を再開したので、ちょこちょこ書こうと思っていたのに、いろいろ忙しく遅れ遅れになってしまった。が、コーラー修業は今年のテーマでもあるので、遅れてでも書いておこうっと。

 3月26日、Club CYNOSの例会で再びコールをしました。今度は前回の例会の時から「するぞ、するぞ」と気合いを入れながら、毎日そのことばかりを考えて、暇を見つけてはコールを作ったり、練習したりしてました。その前の週のTAKE 5の例会時には、ちゃっくにダンス開始より早い時間に来てもらって、ヒルトンを使ってシンギングの練習もした。CYNOSの例会ではマイクが1本しか使えないから「いつか機会があった時にやろう」という話なんだけど、ちゃっくとの一緒にやるナンバーも練習しました。

 今回ちゃっくから与えられた課題は「ビートに乗ってコールする」こと。まあ、すぐには出来ないだろうと思ったけど、努力しましょう。でも、自分で自分に課したテーマはまた別にある。それはまずは「緊張しない」こと。そして、「失敗しても慌てない」こと。前回、突然のご指名で、何の気負いもなくやってしまった経験から「これが大事だ」と思ったわけだ。

 もちろん適度な緊張は必要だろうし、緊張せずにやったからっていいコールができるわけじゃないけど、緊張してたら思わぬ失敗をしそうだし、それで落ち込んで「次の一歩」が踏み出せなくなりそうだから。とにかく場数を踏まなければうまくならないだろうから、自分でチャンスを潰してしまうような心境にはならないようにしよう、という決意です。実は今まで長い間CYNOSでコールをしなかったのは、この「一歩」が踏み出せなくなっていたからなんだ。

 ところで、例会本番の話。ハッシュはやろうと思えば短いのを2つくらいできる準備はしていった。そしてシンギングも練習していった。でも、結局は時間がなかったのと、新しい人が何人かいたため、ちょっと難しいコールが入っているシンギングはやめにした。ハッシュを1チップだけコールしたんだけど、3回ほど失敗した。うち2つが準備段階での完全なる間違い。1つはゲットアウトの時、アーキーだった。これは全員Tradeして解決。もう1つはゲットアウトコールの時にSide Ladies Chain状態になってたこと。これはダンサーの方が無理矢理「Diagonal Box, 2 ladies chain」をやって直してくれた。最後の1つはずっと前に例会でコールした時、Sashay PositionからRight and Left Thruをかけて、「ああ、ここではまだこれはやらない方がよかったな」と思っていたのに、またそれをやってしまったということ。でも、今回は事前に気がついたのでPass Thru, Tradeに置き換えてコールしたけど。

 そう。確かに失敗した。でも、私が自分に課した課題をクリアするためには失敗も必要だったので、ちょうどよかったかな。なんて、のんびり構えていたら、次回の例会はちゃっくもおさむちゃんも不在とのこと。「任せた!」と言われても...今度は講習をやらなきゃいけないぞ。どうしよう...。(99/03/31)


  


あなたの足跡を残そう!
  

ダンサー用インデックスページに戻る




This page is maintained by Noriko Takahashi